土ものの風合いをそのままに、「欠けにくく」「汚れにくく」「ニオイが付きにくい」業務用食器として活躍する器です。小ロットでオリジナル制作させていただきます。

Duraが生まれるまで

生産工程

IMG_0488.JPGのサムネール画像 IMG_0489.JPGのサムネール画像 特殊な成分と信楽の土を混ぜます。
IMG_0490.JPG 大型の土を混ぜる機械で一気に完成させます。 ただ混ぜるだけでは信楽焼らしさが失われます。 焼く温度に研究を重ねました。 IMG_0492.JPG P1012417.JPG 手で丁寧に一つ一つ仕上げます。 出来上がった商品は乾燥にかけます。 IMG_0493.JPG IMG_0491.JPG 制作方法はろくろの手作り。板状にして切るタタラ製法。それに型があります。 価格や風合いによって作り分けが可能です。 どれも小ロットで生産可能なところがこの「Dura」の利点です。 IMG_0494.JPG IMG_0495.JPG いよいよ釉掛け。 IMG_0497.JPGのサムネール画像 いったん素焼きをしてから本焼になります。 IMG_0499.JPG IMG_0500.JPG そして窯出し。 これで工程がすべて終わりです。 焼く温度や時間に工夫をし、より硬い陶器に仕上げるのがこの商品の 特徴です。 信楽焼らしさを第一にしかも強度を上げるのが難しく。開発に二年かかりました。
Copyright©2001-2016 FUJITO Co.,Ltd. All Right Reserved.